恋愛マスターへの道 

美容部員の美容情報発信ブログです。綺麗よりもモテる女を研究していくつもりです(o^^o)
化粧品の裏側や、美容業界の最新情報、個人の日々などを綴って行こうと思います(^_^)ノ ブログ初心者ですが、温かい目で見守ってやってください。宜しくお願い致します!

ギラギラ夏の熱中症対策♪♪




こんにちは♪


雨と晴れの繰り返しで、、、

毎日30℃越えるほどの暑い日が続いて、私ももう溶けそうです、、、、。




これからの時期、やっぱり気を付けてほしいのが「熱中症」



知らない内に熱中症になって倒れたり、

クーラーのついた部屋でも熱中症になったりと油断はできません!!




では、なぜ熱中症になってしまうのか、予防・対策について改めて考えていきましょう♪

そして早速この夏は熱中症、夏バテにならない体づくりをしましょう!!




まず、「熱中症」とは何かってちゃんと知っていますか!??


私たちの体の中で、普段から様々な熱が生まれています。

動かなくても、心臓や脳が絶えず動いているので熱が生まれます。


皆さんは、ご飯の後に体がポカポカしたことありませんか?

それは、消化の為に胃や腸が活発に動くため、熱が生まれるからなのです♪



そんな熱が、私たちの体にたまっていけば、どんどん体温があがりますよね?

上がりすぎてしまった場合、血管の幅をを広げ、皮膚に多くの血液を流してあげることで体温を下げてくれるんです!

また、汗も体温を下げるシステムであり、汗が蒸発するときに、体の表面から熱が奪われるのです♪



このように私たちには、体温調節をしてくれる機能が備わっているのですが、、、


高温の場所に長時間いると乱れてしまうのです。

そこから、熱を放出できなくなったり、急激に汗を出したりすることで体内から水・汗が奪われます。そこから、めまい・頭痛・吐き気・けいれんなどの多くの症状が起こり、熱中症になるのです!!




熱中症の原因として、

「環境による要因」「身体的な要因」「行動による要因」

この3つがそろった時に発生するのです、、、




◎環境による要因

・気温が高い
・湿度が高い
・強い日差し

・通気が悪い、風が弱い
・厚着をしている など


◎身体的な要因
体調が悪い
・高齢者や乳幼児
・糖尿病などの持病がある
・病気などで脱水症状になっている状態
・肥満
・普段から運動をしていない など


◎行動による要因
・激しい運動
・長時間の炎天下での労働
・水分補給がしにくい状況 など




熱中症にも大きく分けて4つの種類があるそうなんです!


(1)熱失神

体温を下げようと血液を体中に送る為、体内の血液が少なくなり

血圧が下がることでめまい顔面蒼白になったりするのです!!


(2)熱けいれん

大量に汗をかいた時に、水分だけを補給した時に起こります!

汗をかくと水分だけでなく塩分も奪われます。そのため水分のみを補給してしまうと、血液の中の塩分濃度が薄まり、足や腕などにけいれの症状が出るのです!!


(3)熱疲労

大量の汗をかくことで、水分、塩分が足りなくなり、重度の脱水症状を起こした状態のことをいいます!!

暑いために血管は広がり、脱水によって血流が減るために低血圧となります。

ただし体温調整機能はまだ働いているので、発汗は続いています!!
症状としては、嘔吐や頭痛、集中力・判断力の低下などが見られます、、、


(4)熱射病

熱疲労がさらに悪化した状態のことを言います。

体温調節機能が働かなくなり発汗が止まり、体温も上がり続け40℃になることも・・・。

41℃になるとけいれんが起こり、42℃になると細胞が壊されます。

最悪死に至るパターンも考えられます、、、。


熱射病で亡くなったなどのニュースをよく耳にしますよね?

この状態のことを指しているなんて怖いですよね、、、




もし周りに、フラフラしている人や顔が青白い方がいたら注意してあげてください!!!

対処が遅れることが、一番の危険につながります・・・。


まずは、危険信号を気づいてあげることが大事です!!


熱中症のサインを見つけたら、、、

・建物が周りにない涼しいところへ

・衣服をゆるめてあげる

・体を冷やしてあげる(ワキや首、膝裏など)

・水分補給をさせる(塩分も摂取した方がいいのでスポーツドリンクなど)




誰にでも起こりうる熱中症!!!

日頃から予防・対策をしっかりすることで防ぐことは可能です♪




まず一番の対策は、

(1)水分補給

しっかり水分補給をし、排泄することが大事です!!

それだけでも十分体温を下げることが可能です♪

のどが渇いてからではなく、こまめに水分は補給してください!!


(2)軽い運動

やはり暑さに耐えれる体作りはかかせません!!

週に一度軽く汗をかくぐらいの運動をすることで、暑さに慣れることができ、

体温調整が早くから働き、熱中症を防ぎます!


(3)睡眠

睡眠不足が続いていると、体の機能が回復せず、熱中症を引き起こしやすくなります!

睡眠をしっかりとるだけでも、体の働きは全く違うものになるのです♪




しっかりこの3つは実践してもらいたいです♪



長々と書いてしまいましたが、私たちの身近で起こりうることです!

私自身も知らないことがたくさんありました。

やはり知っていると知らないの差はあまりにも大きいです♪


この夏はしっかり熱中症対策を行って、楽しい思い出たくさん作っていきましょう♪








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。